キャンペーン
世界本の日 サン・ジョルディの日
書店専用ページ
インフォメーション
リンク
全国書店新聞アーカイブ
全国書店新聞
平成13年3月14日号
実施250社に増加

「二〇〇一年東京国際ブックフェア」は四月十九日から二十二日まで四日間、江東区・有明の東京ビッグサイトで開かれるが、今年の出版社各社の展示は書店向け商談会を実施する社が昨年の七十社から二百五十社に大幅に増加し、書店向け商談会の性格が一段と色濃くなってきた。

(主な商談会実施内容5面)昨年から始まった商談会は出版社ブースに来訪してくれた書店に対し、各社の新刊書や売れ行き良好書を通常より有利な条件やサービス品提供など、ブックフェア会期中という期間限定の特典付きで積極的に仕入れてもらおうというもの。

商談会を実施するブースは昨年の七十社から、今年は二百五十社と三倍以上の大幅増となった。

この試みは出版業界が推進している流通改善策の一つとしても内外の注目を集めている。

東京ブックフェアを企画運営しているリード・エグジビション・ジャパンがまとめた「仕入情報」によると、各出版社の仕入れ特典は、TIBF特別報償として「一冊百円」「三百円」「七%」「一〇%」「二〇%オフ」などの条件のほか、ノベルティ、テレカ、拡材の提供や、お楽しみ抽選会も。

仕入れ条件やセット内容は会場で相談に応じたいとう社も複数ある。

ブックフェアの会場構成ははメインとなる国際ブックフェアのほか、人文・社会科学書、自然科学書、児童書、学習書・教育ソフト、デジタルパブリッシング、編集制作プロダクションの六つの専門書フェアが行われる。

「世界本の日」を記念したイベントとしては「サン・ジョルディの日」特別ブースとして、本のバーゲンも。

また、日本におけるイタリア年として会場中央に四百平米のイタリア・パビリオンを設置。

イタリア図書、関連書籍が展示され、トークショーや討論会が催される。

このほかの関連催事では、角川書店角川社長による基調講演「21世紀の出版業界はどこへ向かうのか」はじめ、出版流通、著作権取引、デジタル・パブリッシング、書店活性化などの各種セミナーや洋書バーゲン、造本装丁コンクール展などの催しが用意されている。

各種セミナー◇「21世紀の出版業界はどこへ向かうのか」(角川歴彦氏)19日午後1時◇「出版・書店業界再生への手掛かりを求めて−アメリカ出版事情から学べるもの」(賀川洋氏)20日午前10時半◇「アマゾンの目指す『本との新たな出会いの場』」(長谷川純一氏)20日午後1時半◇「中小書店生き残りのためのビジネスモデル−売り場から見える書店の未来」(田中淳一郎氏)20日午後1時半◇フォーラム「児童書の明日を考える」20日午後2時57+18

全国三百書店で販売

「欲しかったあの本・この本を新鮮なまま感動の価格でお届けします」と、二〇〇一年春の謝恩価格本フェアが全国約三百の書店で展開されることになった。

出版業界では平成十年秋の読書週間から春秋の二回、講談社、小学館、角川書店などの有力出版社が期間限定の「謝恩価格本フェア」を実施してきたが、昨年年末から年始にかけては出版社二十五社が参加してフェアを開催。

首都圏の百二十書店で謝恩セールを実施した。

今回のフェアは出版社二十二社が参加。

百三十一点・二百九冊(本体価格合計二十万三千八十五円)をセットにして特別価格で販売する。

実施期間は四月十九日から五月九日まで。

各社の出品は現在、一般市場で流通している書籍で、期間を限定して特別価格で販売する時限再販(4面に出品書名)。

書店店頭での割引の原資として、本体価格の二〇〜三〇%の特別報償スリップを付ける。

出庫条件は通常正味、三カ月延勘、返品条件付き。

セットは上限を三百セットとし、ポスター二種、陳ビラ、平台用POPを同梱する。

申込みは単店単位で一店につき一セット。

三月二十一日、二十二日の両日、FAXで先着順に受付ける。

出荷は四月十三日に取次搬入、十五日に出荷の予定。

出荷商品には裏表紙に「謝恩価格本」と記したシールを貼付するが、バーコードやISBNコードは抹消しない。

また、このシール貼付品のみが「謝恩価格本」の対象となる。

特別報奨金は該当商品に挿入されている特別報奨券で参加出版社ごとに支払われる。

この企画を推進している書協流通委員会・菊池明郎委員長は書協会員社向けの文書で「三月を間近に弾力運用の定着・恒常化が再販制度存続の最大のポイントと言えます。

今回は全国の書店に呼びかけての企画です。

趣旨を理解して多くの参加・ご協力を」と呼びかけている。

謝恩価格本フェアの申し込みFAX番号は、03(3262)6796番。

−無題−

読者の投稿俳句長野県埴科郡・山根屋書店沓掛喜久男春一番読書の指で眼を摩る春風や文庫の帯を掛け直す初蝶が童話の縁を伝いくる

本屋のうちそと

三月は卒業の季節。

学園は華やぐが、英国のケンブリッジでは卒業式のことをコメンスメント(始まり)と呼ぶそうだ。

なかなかいい「ひねり」である。

学業を終えることはめでたいことでもなんでもない、人生はこれからが本番だぞ、という戒めだろう。

本当に楽しいことも、それ以上に辛いことも、これから十分に経験するだろう。

わたしは「朔」の字を好む。

朔は月初めの日のことだが、夜明けとか朝という意味もある。

明けゆく暁闇は「生」である。

日々新面目あるべし、という思いがあってのことだ。

いったん始まった物事は、いつかは必ず終わりがやってくるというのもまた紛れもないこと。

一、二年の約束で始めさせていただいた本欄もいつしか歳月は走り足掛け八年、引き受けた義務感に支えられて、ある種の切迫感と責任感のなかで書いてきたように思う。

「文は人なり」というが、文章ほど己の気持ちや知識がどの程度のものかをさらけ出してしまうものはなく、噬臍はほろ苦く、この辺りでエンドマークを付けさせてもらうことにした。

半面これが最後だと思うと、これまで張りつめた仕事の後の自足に近い空しさがあって、寂しい気がする。

映画のスクリーンに「完」の字が映し出され、客はみんな帰ってしまったのに自分は立ち去りがたい、そんな気分かなと、自分の胸の中を覗き込んでしまうのである。

そして、よくも銀杏子の駄文におつき合い下さったことよ、と感謝の念が湧いてくる。

脱葉を終えし一樹に寸暇あり樹木も力を尽くしたあと、すべての葉を脱ぐのだろう(銀杏子)

人事

◇太洋社(3月16日付)〔機構改革〕1、仕入部にコミック仕入課を新設する。

2、商品企画部マーチャンダイジング課に、MD係、弘報係、書誌情報係を置き、商品企画部弘報課、仕入部書誌情報課を廃止する。

3、商品企画部EC企画課と商品開発課を統合し、EC・商品開発課とする。

4、注文部商品管理課(本社)と注文部業務課を統合し、注文管理課とする。

5、特販営業部に、専門店営業一課、専門店営業二課を新設し、専門店営業課を廃止する。

6、総務人事部に経営企画課を新設し、経営企画室を廃止する。

〔役員人事〕取締役営業副本部長(取締役営業副本部長兼営業推進部長)沢野豊〔人事異動〕(部長)商品企画部長(商品企画部長代理)牧野伸一注文部長(注文部長兼注文情報課長兼業務課長)今泉旭西部営業部長(西部営業部長代理)山本博英総務人事部長代理(経営企画室部長代理)荒木勝男取引管理部次長(商品企画部マーチャンダイジング課長)永澤克彦注文部次長兼注文管理課長兼東京ロジスティックスセンター(TLC)担当(総務人事部次長)菅原秀幹営業推進部次長(取引管理部取引課長)別所隆史特販営業部次長(首都圏営業部次長兼東京営業課長)村木透〔人事異動〕(課長)▽情報システム部システム企画開発課長(同システム企画開発課長代理)志村憲一▽取引管理部取引課長(同取引課長代理)長谷川清美▽注文部注文情報課長(商品企画部商品開発課長)貴志弘美▽商品企画部マーチャンダイジング課長兼弘務係長(西部営業部四国・九州・山口営業課長)中田伸芳▽注文部文庫センター長(課長)(商品企画部弘報課長)大竹三喜雄▽船橋流通センター所長(課長)(注文部商品管理課〈本社〉課長兼東京ロジスティックスセンター〈TLC〉担当)多田茂▽船橋流通センター・コミックセンター課長(同所長〈課長〉)井原●次▽首都圏営業部東京営業課長(仕入部書籍仕入課長)関口浩一▽西部営業部東海・近畿・中国営業課長(同東海・近畿・中国営業課長代理)坂実▽特販営業部図書館営業課長兼関口営業所長(同図書館営業課長代理兼関口営業所長)岩城昌幸▽特販営業部図書館営業課長(船橋流通センター整品課長)谷口隆士▽特販営業部専門店営業二課長(同専門店営業課長)池田尚生▽業務部戸田営業所課長(船橋流通センター・コミックセンター課長)北山伸一▽総務人事部経営企画課長代理(経営企画室課長代理)村上直人▽商品企画部EC・商品開発課長代理(同EC企画課長代理)荒木敏正▽仕入部コミック仕入課長代理(同雑誌配本調整課係長)武藤浩一▽仕入部書籍仕入課長代理(同書籍配本調整課係長)田中保秀▽西部営業部四国・九州・山口営業課長代理(同九州支店長〈課長代理〉)沼野章▽西部営業部九州支店長(課長代理)(特販営業部図書館営業課係長)矢島雅史▽特販営業部専門店営業一課長代理(同専門店営業課長代理)松澤茂


2001

台北国際図書展に5ブース出展

トーハンは二月一日から六日まで台北貿易センターで開催されたアジア最大のブックフェア「第九回台北国際図書展示会」に、著作権仲介ビジネスを目的として五ブースを出展した。

同ブックフェアは欧米とアジアをつなぐ著作権ビジネスの交渉の場として地位を確立しており、世界中の出版社が活用。

今回は世界四十六カ国・地域から八百八十六社・一千八百三十八ブースが出展し、ビジネスデーの二日間を中心に活発な商談が行われた。

また、作家のサイン会など一般客向けのイベントも多数開催され、入場者は三十万人を超えた。

日本からの参加は九社(単独ブース)・十六ブース。

このうちトーハンは五ブース内にNHK出版、オレンジページ、二玄社、フレーベル館の四社分のブースと共同展示スペースを設け、二十八社・六百タイトルの出版物を展示。

この六百タイトルを中心に翻訳出版契約に関する商談を行い、会期中、百三十七タイトル、著作権使用料約三千五百万円(成約後の見積金額)の案件を獲得するなど、大きな成果をあげた。

モバイルで書店支援

東海日販会は三月八日一時から名古屋市のウェスティン・ナゴヤキャッスルで第45回通常総会を開催、委任状を含め書店・出版社会員三百二十五名が出席した。

総会は大原鉦治世話人(押切堂書店)の司会で始まり、体調を崩して欠席した木和田寛二世話人代表に代わり、篠田元弘副代表(自由書房)があいさつ。

同副代表は「お話マラソン」「ブックスタート」など出版業界の読書推進運動に触れ、「岐阜県庁幹部に活字文化の将来のためのボランティア活動を説明したところ大変よいことをやっていると感心された。

こういう取組みをいろいろな方に伝えていくことも必要ではないか」と、積極的なPR活動の重要性を指摘した。

三輪金久副代表(泰文堂書店)を議長に進められた議事では、村上正彦世話人(二昌堂書店)が昨年度事業活動と決算を報告。

■七月末に開催した「本と遊ぼうこどもワールド」に協賛し、三日間で六千八十二名が参加した、■拡販商品は九点を取り上げた、■業務研修会は万引き防止をテーマに開催、九十三名が出席した−−などを報告。

監査報告、事業計画案の説明のあと、拍手で承認した。

来賓あいさつで日販菅社長は「景気が一向に回復しない中、出版業界の売上げは八年前の規模になった。

一方で返品率は八年前より六%高く、ムックはじめ新刊発行点数が増えている。

多品種少量にどう対応し、効率販売していくかが業界の課題。

再販問題はいよいよ公取から何らかの結論が出る。

急激な変化はないだろうとの見方があるが、予断は許さない。

日販を再生するネオステージ21の一年目は事業所再編成により支店営業に特化したほか、SAネットワークの見直しと利用料引き下げ、本屋タウンのバックヤードとしてウェブ・ブックセンターを設置した。

来期以降はモバイル営業の展開を目指し、六月までに全支店に拡大する。

名古屋支店も先月までに全営業にパソコンを配備した。

データを分析して有効な提案を行っていく。

売行きベスト千銘柄の在庫率は四割強、一か月後には文芸書の三分の一が入れ替わる。

店頭在庫の鮮度管理は重要。

情報武装型の営業に期待いただきたい」とあいさつした。

出版社を代表して講談社浜田副社長は昨年の国際読書年の取り組みに触れ「読み聞かせの会で子どもたちの目は輝いている。

ちょっと工夫すれば読者はいることを確信している。

昨年だけの取り組みに終わらず、文部省と運動を継続することを相談している。

ブックスタートの運動もぜひ定着させたい」と述べた。

第二部はダンの越智道正社長が「本とともに」のテーマで記念講演を行った。

春の書店くじ申込は今すぐ

四月二十日から特賞「英国8日間の旅」が当たる「春の書店くじ」の配布が始まります。

これは日頃の読者謝恩と販売促進のため実施するものです。

まだ申し込みがお済みでない書店は大至急、所属都道府県組合までお申し込みください。

春の書店くじの申し込みは五百枚一束単位で、三千五百七十一円(消費税別)。

くじは取次経由で四月十八日頃配布します。

USA書店情報

一月末から二月末、約一カ月間の『パブリッシャズ・ウィークリー』をめくっていると、その記事タイトルに出版業界、そしてその周辺に厳しい事態を告げる単語が頻出する。

レイ・オフ(一時解雇)、ピンク・スリップ(解雇通知)、ダウンサイジング(人員削減)、ファイヤー(首にする)、リストラクチャー(リストラ、再構築)、クローズ・ストアーズ(閉店)、バンクラプシー(破産)、チャプター・イレブン(会社更生法)。

目についたいくつかの記事を拾ってみる。

「ハングリー・マインズ社がリストラ。

数カ所のオフィスを閉鎖、百三十人を解雇」(一月二十九日号)。

IDGブックス・ワールドワイドから社名変更したばかり。

急成長を遂げたナスダック上場企業。

コンピュータ書中心の同社は、レイ・オフを否定し続けていたが、インターネット関連事業と、書籍出版の低迷を前に、人員削減に手をつけざるを得なくなった。

「AOL−タイム・ワーナー社の人員削減は、出版部門にも及ぶ」(一月二十九日号)。

この一月に合併の認可がおりたばかりのメディア・コングロマリット、AOL−タイム・ワーナーは、合理化の一環として、タイム・ライフ・ブックスのダイレクト・メール部門を閉じ、百人を解雇する。

同部門は一九六一年の設立で、歴史、料理、ドゥー・イット・ユアセルフなどをはじめ、幅広いジャンルのシリーズ出版を行なって来ていたが、この分野は会社の将来計画にあわないとの判断が出たようだ。

「人員削減。

エックスリブリス・十人に解雇通知」(二月五日号)。

同社はランダム・ハウスが四九%の株を持つプリント・オン・ディマンドと出版サービスのプロバイダー。

中間管理職十人をレイ・オフし、浮いた人件費で新しく若いカスタマー・サービス、その他のスタッフを雇うという。

「エックスリブリスで、更に二十人解雇」(二月十九日号)。

二週間前に発表したレイ・オフの第二弾。

ニューヨーク・オフィスの閉鎖と、ヨーロッパへの進出を先延ばしし、コア・ビジネスの出版サービスにエネルギーを集中する。

「アマゾン・ドット・コム、収益性を高めるために千三百人の人員削減」(二月五日号)。

今年末までに、営業効率を向上させ、黒字に転換する目標を達成するという。

この千三百人は全従業員の一五%にあたる。

カリフォルニア州マクドノーの流通センターの閉鎖で四百五十人。

シアトルのカスタマー・サービスセンターを閉めることで四百人。

そして四百五十人はアマゾンの本部からになりそうだ。

「レイ・オフには痛みが伴うが、二〇〇一年に会社が利益を出すためには仕方がない」と、同社会長、ベイゾスは言う。

「バーンズ&ノーブル・ドット・コムの厳しい四半期。

三百五十人をレイ・オフ」(二月十二日号)。

二番目の大手ネット書店の前年第四・四半期の損失は予想をはるかに越え、二〇〇〇年の純損失は、前の年の二・七倍に拡大した。

ニュージャージー、ケンタッキーの流通センターを閉じ、本部を含む事務機能を統合。

全従業員の一六%にあたる三百五十人を解雇して経費の削減を実現させる。

「クラウン・ブックス、二十八店舗閉鎖」(二月五日号)。

かつては米国第三位の大型書店チェーン、割引販売でよく知られたクラウン・ブックスは、九八年七月、会社更生法適用を申請。

九九年十一月に破産から立ち直ったばかりである。

直近の店数は九十一店だった。

二カ月の間に二十八の店を閉じ、全従業員の三〇%にあたる四百五十人のパート・タイムを含む従業員を削減する。

クリスマス前のホリディ・シーズンの売上低迷が大きな原因だ。

しかし、それからわずか二週間後に次の記事。

「クラウン・ブックスは再び破産の申し立て。

投資家、買い手が現れるという希望もあるものの、見通しは厳しい」(二月十九日号)。

「ボーダーズ・グループがスーパーストアのマネージメントを刷新。

約二百人レイ・オフ」(二月二十六日号)。

ボーダーズは店内の運営をより合理化し、店員がお客の要求に敏感に反応できるような仕組みに再調整する。

それに伴い全従業員の一%にあたる二百人が削減される。

また同社はオンライン書籍販売が今後も利益を上げられる見込みが立たないことを認め、その分野の事業縮小に踏み切ることも発表している。

ハイテクバブルの崩壊。

ナスダック店頭市場の株価暴落。

IT関連事業へ寄せる期待が揺らぐ中、アマゾン・ドット・コムも創業当初から唱え続けて来た「利益は悪」という理念をひっこめ、先に見たように人員削減、増収を犠牲にしてでも黒字経営にと動き出した。

玩具販売でトイザラスと提携したのに続き、小売業最大手、ウォルマートと提携するのではという観測も浮上している。

仮想店舗とリアル店舗の組合せを探る。

海外営業への投資は続け、真にワールドワイドな小売店をめざすというが。

そのほかの社もやり方こそ違え、なりふりかまわずで生き残りをかける。

(竹)

5月にパソコン講座

鹿児島県書店商業組合は二月二十四日、鹿児島書籍会議室で理事会を開催。

IT研修特別委員会を設置して組合員を対象に五月に「初級パソコン講座」を開催することを決めた。

これは政府のIT関連予算による補助金を利用して行うもので、IT研修特別委員会委員長には村永直美氏(共研書房)、副委員長には徳利浩二氏(とくり書店)を選出した。

初級パソコン講座は四回に分けて以下の日程で行う。

会場は鹿児島書籍、受講料千円。

■5月12日(土)11〜16時=パソコン入門講座、■5月13日(日)10〜16時=初級ワード2000、■5月19日(土)11〜16時=初級エクセル2000、■5月20日(日)10〜16時=インターネット。

(井之上博忠広報委員)

WEB発注など実演

青森県書店商業組合は二月十六日、青森市内の県小売商業支援センター(リテールプラザ)で第二回「書店情報化勉強会」を開催した。

当日は十五名の参加希望があったが、荒天などが影響して九名の参加にとどまった。

勉強会では鶴谷録郎専務理事(鶴常書店)が「本日ここに集まった若手書店人が勉強会のテーマに客注を取り上げたのは大変有意義。

新客注システムも含めて、これからの流通の在り方について提言できる勉強会となることを期待したい」とあいさつした。

このあと、用意したパソコンで青年部員が「s−book」「webまるこ」など書店向けの版元ホームページ、取次の「本やタウン」「e−hon」などの操作を実演。

新客注システム「本屋さん直行便」「ブックライナー」についてはVTRを使って利用法、活用状況を説明した。

また、勉強会に先立ってアンケートを実施しており、この結果を踏まえた情報交換も行われた。

取次の新客注システムで読者に特急料金を負担いただくことについては「お客様から苦情もなく運用できている。

これからの時代、書店だけが目をつぶって負担を全部かぶるより、読者も負担いただくものは負担してもらうよう取り組むべきではないか」などの提案もあった。

(岡田義哲広報委員)

ノートパソコン購入

大阪府書店商業組合(今西英雄理事長)は三月七日午後三時から組合会議室で三月定例理事会を開催した。

総務委員会からの報告では組合財政に少しキャッシュフローの余裕ができたため、IT講習会用にノートパソコン十数台を購入することが発表された。

大阪市教職員厚生会から申し出のあった図書券購入の見直しの件では、学校単位で図書購入をとりまとめ、組合員書店に注文する方向で細部を詰めている。

雑誌発売日委員会からは、平野区と淀川区で発売日違反の通知があった。

キヨスクと阪急電鉄駅売店の週刊誌前渡し問題については、電鉄関係売店検討小委員会にその不統制を追及するレポートを提出したことが報告された。

事業委員会からは、大阪組合がNTTマイラインの二次取次となる契約を結ぶことで細部を協議中であると発表があった。

これによる組合員のメリットは、府下に電話をかける場合最大四〇%の値引きになる。

「組合員はあわててマイラインの契約をせず、しばらく様子をみてほしい」と説明された。

出店問題委員会では阪急ブックファーストが豊中市に二店舗相次いで出店することが報告されたが、地元書店の意思統一ができていないため、いまだ交渉に入っていないとされた。

「ブック大阪21委員会」は三月三日に委員会を開催して協業化、IT化を中心に議論を行った。

再販・公取協委員会からは二月二十七日に開催された近畿地区公正取引協議会ブロック連絡会に出席したことがほうこくになった。

この席で大阪組合はポイントカード制についての質問を行ったが、公取は「再販制度の今後にかかわる問題なので、再販の結論が出るまでは」と、回答を留保したという。

日書連関係では、返品入帳の実態調査を行うため、大阪組合からも二店の調査協力店を選出した。

出版倫理問題では、この日の理事会開催に先立って、午後一時から渡辺和恵弁護士を招き「少年法・児童ポルノ法」についての勉強会が開かれた。

理事各氏から活発な意見が出され、好評裡に終わった。

(中島彦広報委員)

『久留米・筑後・八女の100年』

長野県松本市の郷土出版社は「ふるさと100年シリーズ」を出版しているが、この二月下旬に『久留米・筑後・八女の100年』を発刊した。

近年、書店ではベストセラーに恵まれなかったなかで、福岡県筑後支部内では久々のベストセラーとなった。

B4判・一部カラー百四十六頁で、明治から戦後までの写真三百五十点を掲載、久留米を中心として筑後、八女を紹介している。

この本の取り扱いは福岡県教科書株式会社であったため、販売書店数が少ないので販売部数が心配されたが、教科書取り扱いがない書店でも販売をされ、思わぬ販売部数を伸ばしたとのことだった。

定価が一万千円と高価であったが、今まで目にすることのなかった古くて珍しい写真と、同シリーズの県内販売は初めてというのが当たったようである。

この不況下に、これだけの高価な本が地方の都市で予想外の部数を販売できたということは、地域密着と内容企画の適確性があったからと思われる。

また、古い時代を知らない若者にも受けたのではないか。

ちなみに久留米、筑後、八女で二千五百部。

杷木町の朝日堂さんは五百部、文泉堂さんは三百部、教科書を取り扱っていない宮崎書店さんは二百部と浮羽の田園小都市ながら善戦され、これだけの部数を販売された。

この100年シリーズは福岡県全域で九巻発刊されることになっている。

この筑後地区の販売部数が起爆剤となって、県下の書店のベストセラーになることが期待されている。

(鹿子島慶正広報委員)

催し

☆野間記念館「横山大観」展講談社野間記念館はこの四月に開館一周年を迎えるが、これを記念して四月七日から五月二十七日まで、横山大観展を開催する。

同展では、第一展示室で「羽衣・不盡山・三保」「千与四郎」「月明」などを、第二展示室で「千代田城」「暁山雲」「夜梅」などの作品を展示。

期間中は「院展の仲間たち」「近代日本の洋画」の展示も同時に開催する。

なお、三月二十五日までは「近代の山水画」「日本のうたふるさとのうた」展を開催している。

生活実用書

本明寛著『なぜ電車の席は両端が人気なのか−行動の心理学』(双葉社・ふたばらいふ新書32、819円)を手にした時、思わずそうなんだよナアと、書名にうなずいてしまった。

ふだん何気なくとっている行動には、心理学的な意味がある。

人間は自分の周囲50センチ以内に、家族や恋人や幼い子供しか入ることのできない「パーソナルスペース」を持っていて、それ以外の人間が侵入してくると不快感や不安感を持つものであるという。

だいたい150センチ位まででも、友人しか入れない空間距離である。

ところが満員電車ではどうして我慢できるかというと、無意識のうちに他人を非人格的な存在とみなすからなのである。

このことを頭において電車に乗ってみると、十人が十人とも端の席に座ろうとするから面白い。

論の途中「情緒安定度」、「感情表現」、「ストレス耐性」など九つのチェックシートが付いているので、試してみれば意外な自分を発見できるかもしれない。

河野守宏著『人づきあいをもっと愉快に上手にする法』(KKロングセラーズ・ムックの本、840円)は、古今の故事来歴、諺、数々のエピソードを駆使して、人間関係をスムーズに運ぶための秘訣が語られる。

河野守宏氏は70余の転職を経験した「人間関係」のプロである。

もともと人づきあいが苦手だったために、その苦手を克服して説得力がある。

「対人関係の要諦は、ただ単に相手に合わせ、相手に好かれようと腐心することではない」と断った上で、人の心を引きつける五箇条がある。

強い想念を持つ前向きに徹する確信ある態度をとる希望と意欲を燃やす勇気ある決断、である。

最後に、逆説的にだが「一人ぽっちになりたい人へ」向けた「人に嫌われる18のケース」が紹介されている。

二冊とも別の出版社の新書シリーズなために、探すのに苦労するのが書店の現状である。

人間関係の結びにくい時代であるが故に、心理学でも人生論でも、またビジネス書でも括れるはずである。

人間関係を論じたベストセラーだけが、読者の欲しい本であるはずはないのだから。

(遊友出版・斎藤一郎)

いい本、いい顔、いい時間。

第43回「こどもの読書週間」(読書推進運動協議会主催)が、四月二十三日〜五月十二日の日程で開催される。

今年の標語は「いい本、いい顔、いい時間。

」。

読進協は読書週間の開催にあたり、公共図書館・全国小中高等学校・学校図書館・書店・出版社・報道機関等にポスターや広報文書を配布してPR。

週間の趣旨を表すマーク(写真)を作成し、期間中及びその前後を通じ各社から発行される雑誌・新聞・広告誌等に使用を呼びかける。

また、全国の読進協、関係各団体の協力を得て、以下の各種行事の実施を推進する。

▽公共図書館、公民館、小中高等学校の学校図書館等において「こどもの読書研究会」「こども読書のつどい」「母と子の読書会」「母親によるこどもの本研究会」「こどもの読書相談」「児童図書展示会」「児童文学作家による講演会」「児童図書出版社との懇談会」等の開催。

「読書感想文、感想画コンクール」の実施。

▽全国の読進協による都道府県単位の「こども読書大会」等の開催。

▽出版社、新聞社、放送局、文化団体等による、被災害地域、児童養護施設、矯正施設等への「図書・雑誌寄贈運動」の実施。

日販企画・おはなし会基本セット

日販は、オリジナル企画ブックフェア「おはなし会スタート基本セット」を二月下旬から五月下旬まで、全国五百書店で開催している。

昨年の「子ども読書年」ではさまざまな読書推進活動が展開され、店頭で読み聞かせ会を行う書店も増えてきた。

このブックフェアでは、これから読み聞かせ会を開催する書店の支援を目的に、読み聞かせに適した絵本をセット組みした。

セレクトしたのは、『お月さまってどんなあじ?』(セーラー出版)『ねずみくんのチョッキ』(ポプラ社)『100万回生きたねこ』(講談社)など、読み聞かせ会で人気の高い作品。

棚用セット(四十三点四十三冊)と平台セット(八点二十四冊)の二種類を用意した。

また、このセットを注文した書店には、読み聞かせ会を開く時に役立つ「おはなしマラソン事例集〜楽しい読み聞かせ会を開きましょう」(B5判・十六頁)を同時に配布している。

この事例集は、開催ノウハウをより多くの書店に紹介するために作成したもの。

一九九九年十月の千葉地区から二〇〇〇年十月〜十二月の中部地区まで、開催書店のスナップ写真、事例を多数掲載。

申し込みのあった書店に日販の営業担当者を通じて無料で配布する。

事例集の主な内容は、「参加されたお客様の声」「開催書店インタビュー」「読み聞かせ会を始めませんか」(店頭読み聞かせのポイント/事前の準備/会場づくり/会が終わったら)「おはなしマラソン写真館」(読み聞かせ会場を作ろう!/ポスター・看板ギャラリー/リピーターを増やそう!/読み聞かせ会のメニュー)「読み聞かせ会のプログラム」となっている。

−無題−

2001年春の謝恩価格本フェア(4U8行分)
分野書名著者価格販促費数
大修館書店
C大修館・現代漢和辞典・机上版木村秀次5,50020%2
C地名人名付・用字用語辞典「改定版」1,90020%2
C新版・漢語林「一色刷」鎌田正2,33020%2
新星出版社
B野鳥ハンドブック中野泰敬1,20025%2
B山田宏美のイタリアントスカーナの薫り1,80025%3
E気持ち良く家族を介護するための本1,00030%2
小学館
C新選国語辞典7版金田一京助2,30020%2
C新選漢和辞典6版小林信明2,30020%2
Cポケットプログレッシブ英和和英辞典堀内克明3,11020%2
Aおじゃる丸おおやまみなみ1,42920%2
Aドラえもんののりもの大たんけん内田伸子63020%2
Aドレミファどーなっつ2内田伸子63020%2
Aドラえもんのあいうえお繁多進1,33020%2
AドラえもんのABC繁多進1,33020%2
Aそれいけ!アンパンマンのめいろあそび63020%2
Aそれいけ!アンパンマンのあいうえおあそび66020%2
筑摩書房Dどこにいても誰といても藤本和子1,70030%1
D平成つげ句交差点矢崎藍1,30030%1
D草原の神々の黄昏イスマイル・カダレ2,33030%1
D鏡よ鏡よ小池滋1,65030%1
Eロマンチック・ジェラシーアヤーラ・パインズ2,52430%1
日本文芸社
Bトロワグロの家庭料理ピエール・トロワグロ3,20020%1
Bエル・ブジ至極のレシピ集フェラン・アドリア1,80020%1
化学同人
G鏡のなかのアインシュタイン井山弘幸2,00020%1
Gインフルエンザの流行は警告する栗村敬1,50020%1
G化学の未来へ近畿化学協会編2,20020%1
清流出版
D犬は東に日は西に中野孝次他1,40030%1
Dわが師淀川長治との五〇年佐藤有一1,60030%1
主婦の友社
B体に効くおかずクッキング宗像伸子1,50030%2
Bはじめての薬膳クッキング植山美保1,60030%2
BメディカルハーブLESSON林真一郎1,65030%2
B人気のかわいい小鳥たち関根尚武1,30030%3
B漢方薬のすべて藤平健1,74830%3
E仏教のことば生きる知恵中村元1,94230%1
実業之日本社
F北原照久の箱絵図鑑北原照久3,20020%1
F横尾忠則ポスタア藝術横尾忠則3,30020%1
二玄社
F宮沢賢治シーズン・オブ・イーハトーブ■1,74820%1
F宮沢賢治シーズン・オブ・イーハトーブ■1,74820%1
F宮沢賢治シーズン・オブ・イーハトーブ■1,74820%1
F宮沢賢治シーズン・オブ・イーハトーブ■1,74820%1
F香水瓶由水常雄1,74820%1
G○×まるくす鈴木正文1,35920%1
G漢方養生訓孫維良1,35920%1
G超隠居術坂崎重森1,50020%1
G16号線ワゴントレイル矢作俊彦1,50020%1
G東京路地裏観光戸塚省三1,50020%1
潮出版社
D髪の文化史荒股宏1,50020%1
D父・井上靖の一期一会黒田佳子1,60020%1
D頭取の死角山田智彦1.80020%1
D新・落語的学問のすすめ桂文珍1,60020%1
D途上国へ学校を贈ろう田中信孝1,60020%1
草思社
B決定版ワールドカップ全史B・グランビィル2,50020%1
Dダイアナ妃謀殺上T・サンクトン他1,60020%1
Dダイアナ妃謀殺下T・サンクトン他1,60020%1
日本実業出版社
Cキーワードからすぐ引ける・ことわざ便利事典丹野顯1,50030%1
B複雑系思考のヒント西山堅一1,50030%1
徳間書店
Bヨガ葉根菜食メニュー川上光正97120%1
B電子レンジの裏ワザ210浜内千波97120%1
B薬になる食べ物100選・100メニュー荘安子1,00020%1
学習研究社
B暮らしの法律Q&A学研編93030%5
B手紙文書の書き方学研編93030%5
B環境ボランティア・ナビ学研編1,60030%5
Bオーガニック基本健康生活学研編1,60030%5
B原発・核事故に備えろ学研編1,60030%5
Aひらがなあそび■いきものきむらゆういち88030%3
Aかずあそび123456きむらゆういち88030%3
Aひらがなえあわせ■たべものきむらゆういち88030%3
A3DCG絵本・花さかじいさん88030%5
A3DCG絵本・ブレーメンの音がくたい88030%5
Aフラップえほん・だれかなだれかなはらだおさむ66030%2
Aフラップえほん・おねしょしてないよはらだおさむ66030%2
Aフラップえほん・ぬぎぬぎぽーんはらだおさむ66030%2
Aフラップえほん・シャンプーしゃわしゃわ66030%2
河出書房新社
F地球の本■海へ渋川育由編95120%1
F地球の本■愛しきもの渋川育由編95120%1
F地球の本■どこか遠くへ渋川育由編95120%1
F地球の本■花咲く村渋川育由編95120%1
F眠る5分前に見る本■丘の小みち95120%1
F眠る5分前に見る本■子ネコの遊び95120%1
マガジンハウス
Eマニラ極楽暮らし小松崎憲子1,40030%1
Eザ・青木雄二青木雄二1,00030%1
E60代を生きる佐藤洋子1,40030%1
Aともだちがほしかったこいぬ奈良美智1,60030%1
E老いの常識式田和子1,30030%1
Eチェンマイ田舎暮らし高橋公志1,40030%1
Eすこし早めの私の遺言1,60030%1
Eウェネツィア的生活角井典子1,80030%1
角川書店Gオースティン・パワーズ・デラックス2,00020%1
Gブレア・ウィッチ・プロジェクト完全調書1,60020%1
G「カル」の謎ソ・イヨン1,40020%1
Ghumantrafficオフィシャルブック90020%1
D無問題モウマンタイアルフレッド・チョン1,20020%1
D悪いオンナTBS編1,30020%1
GtheRINGもっと怖い4つの話リング研究会1,70020%1
G「リング2」恐怖増幅マガジンリング研究会95020%1
D権力に翻弄されないための48の法則(上)R・グリーン他1,80020%1
D権力に翻弄されないための48の法則(下)R・グリーン他2,00020%1
光文社B図でわかる味の老舗芦部洋子1,30030%2
B買ってもいい「食卓編」船瀬俊介82930%2
Gテリー伊藤の一言絶句世代闘争編テリー伊藤83830%2
B「心のカゼ」の処方箋久保明81930%2
Bこれでスッキリ!育児ママを癒す本いくじ〜ず84830%2
Bすぐできる!インターネット資産運用術柳沢安慶81930%2
Bプロナチュラリスト佐々木洋の野遊びハンドブック1,50030%2
JTB
Bキャンブックス)日本で見られる世界の芸術品1,45620%1
Bキャンブックス)個人美術館見て歩き1,70020%1
Bキャンブックス)俳句吟行ガイド1,45620%1
Bキャンブックス)橋ものがたり1,45620%1
Bキャンブックス)はじめてのオートキャンピング97120%1
Bキャンブックス)はじめてのアウトドアクッキング97120%1
Bキャンブックス)はじめてのアウトドア97120%1
C停車場変遷大事典国鉄JR編12,00020%1
講談社
Aゴール!サッカーがわかるバリンガー・エーリッヒ1,50030%1
Aワールドサッカー句に別観戦ガイド講談社編1,20030%1
Aからだも心もきれいティーンズ・ダイエット1,20030%1
Aまんが日本国憲法石ノ森章太郎1,45630%1
C最新式辞・あいさつ大事典改定版講談社編2,40030%1
C世界の名茶事典講談社編3,20030%1
B家庭でつくる本場イタリアンパスタC・レオナルド2,00030%1
C講談社カラーパックス英和辞典1,65030%3
C講談社カラーパックス和英辞典1,65030%3
C講談社カラーパックス英和・和英辞典1,65030%3
集英社
A渚ホームズクラブ■湘南堂かなめ68030%1
A渚ホームズクラブ■湘南堂かなめ68030%1
A渚ホームズクラブ■湘南堂かなめ68030%1
A渚ホームズクラブ■湘南堂かなめ68030%1
A渚ホームズクラブ■湘南堂かなめ68030%1
A渚ホームズクラブ■湘南堂かなめ68030%1
B女性のからだがわかる本生活文化編集部1,55330%1
B12星座別2001年開運歴ルネ・ウァンダール・ワタナベ83830%3
C新修ことわざ辞典第2版折井英二編70030%2

−無題−

スタッフリーダー養成講座プログラム〈2月15日〉「元気な店頭活性術」さわや書店・伊藤清彦本店店長「読者からみた書店論」本とコンピュータ河上進デスク〈2月16日〉モデル朝礼棚作り−演習と実際(伊藤清彦氏)バトルトーク「期待される書店を考える」司会:ノセ事務所代表取締役能・能勢仁氏パネリスト:伊藤清彦氏河上進氏「オンライン書店とリアル書店」(河上氏)「スタッフリーダーの実際と役割」(能勢氏)

−無題−

本の学校出版業界人研修の一環として、スタッフリーダー養成講座「21世紀の店頭を考える〜新世紀の読者を掴むために」が二月十五日、十六日の両日、米子市・本の学校郁文塾で開催された。

二日間の講義内容ダイジェストは、本の学校ホームページ(http://www.hon-no-gakkou.com)に掲載され、「参加者の声」も一般に公開されている。

さらに講義終了後に各々の現場に戻って学んだことを活かそうとするときに生じる疑問や相談が出来るよう、受講生と講師が議論できる場がインターネット上に設けられている。

ここでは、この講座の趣旨と、盛岡市さわや書店・伊藤清彦店長、季刊「本とコンピュータ」河上進編集デスクの講演をまとめてみた。

<講座趣旨>「新しい世紀を迎えました。

21世紀は電子情報とペーパー情報が交錯し、新たな情報革命が店頭に押し寄せることは必至です。

従来の店頭感覚が許されなくなってきました。

それは商材、読者、購買パターンが変化しているからです。

昨年の顕著な変化は、オンライン書店の急発展でした。

外資系、取次系、異業種系、版元連合系、書店系と入り乱れての戦闘が始まりました。

今年は正念場元年です。

リアル書店としてどう現状を構築するか問われる時です。

ネットは読者と書店をつないでくれるシステムです。

今回は、盛岡市さわや書店・伊藤清彦店長と季刊誌「本とコンピュータ」編集デスクの河上進氏をお迎えしました。

伊藤氏は講談社未来研の講師であり、河上氏はオンライン書店に詳しい方です。

両氏にこれからの店売論を伺うことにしました。

『元気な店頭活性術』(さわや書店・伊藤店長)「さわや書店本店は、盛岡市内の商店街の中にある。

東京の山下書店をやめ、赴任して十年、月商三千万を六千万にアップ。

その歩みを振り返ると、「全く無名であったから」と言える。

無名ということは、特定出版社の義理仕入れや報奨仕入れに影響もされず、取次からの不適切な配本も元来が少ないといった、業界のしがらみに仕入れが影響されないこと、仕入れを自ら行わねば売る本が揃わないという事情を意味する。

言い換えれば、自ら探して選書し、仕入れなければならなかったことが、お客の要望に沿った棚創りの元になった。

とにかく、POSだけに頼るのではなく、実際に「目で見て、手で触って」を繰り返すことで一日の棚の流れを知る努力を怠ってはならない。

触ることを繰り返せば棚にホコリをためることもない。

そして、常に「意志」を持って棚つくりに取り組む。

バランスのとれた平積みをすること、文庫や文芸や趣味書といったジャンルの枠を越えて、「核」になる本から「融合」させた棚つくりを考えることが売れる棚を創る。

売れない原因は内部にある。

店長はマネ−ジメントだけではない。

商品の方向を決め、店のスタンスを確立するのが店長である。

そのためには本を読まねばならない。

私には、売りたい本、勝手に売れる本、売りたくない本がある。

いらないものはいらない、選ぶことをしなくてはならない」『読者から見た書店論』(「本とコンピュータ」河上デスク)河上氏は書店に良く行く。

雑誌の編集者としても一読者としても。

読者と書店は立場が違うから噛み合わないこともあるが、頑張っている書店では一冊でも本を買うことにしている。

それは「買うこと」でしかそういった書店を応援していることを示せないと思うからである。

そして、その一冊の本を買った<雰囲気>というか<気分>を記録し、「本のメルマガ」で『本でナゴむ』という連載をしている。

その見識から書店を四つの型に分ける。

■棚型、■POP型、■対話型、■情報発信型。

他に商品調達型も考えられるが、本来はこれができるのはアタリマエだけど、出版社や流通の悪い面が強く、読者の不満を解消するに至っていない。

しかし読者は減ったのではなく、インターネットやミニコミ、フリーペーパーなど「本」の概念が広くなり、拡散しただけである。

教養主義で本を読まなくなったのだ。

書店はインターネットやオンライン書店に任せるところは任せて、読者を信じて、書店の店頭でしかできないことを提供していかなくてはならない」とにかく両氏とも「本」をよく読んでおられる。

買っておられる。

書名や著者名、本の内容説明から批評まで、ポンポン飛び出してくる。

やはり本を読まない書店人は販売も仕入れも出来ない。

「朝の十分間読書運動」は書店人になろうとしている自分にこそ必要だと痛感した講座だった。

−無題−

東京国際ブックフェア仕入れ情報〔朝日新聞社〕『パソコンの「パ」の字から』ほか〔アスキー〕『NHKためしてガッテンレシピ集1』ほか特別報奨〔アバックス〕『ABCカードで遊ぼう』ほか〔アルプス出版社〕『アトラスRD首都圏B5』ほかスリップ報奨1冊百円〔ヴィノテーク〕『世界ワイン党読本』ほか〔学習研究社〕児童書、一般書、辞典、ムックなど注文受付け〔角川グループ〕(角川書店、主婦の友社、同朋舎、メディアワークス、ローカス)展示商品全品注文承り。

取引条件応相談。

〔河出書房新社〕多数商品を特別条件で用意〔紀伊國屋書店出版部〕展示品全品注文承り。

〔クーネマン・ジャパン〕『TheEssentialパスタ』ほか〔群羊社〕『実物大そのまんま料理カード1集』ほか〔競馬通信社〕『ひらけ駒2001』ほか〔小池書院〕『人生は回転木馬』ほか〔廣済堂出版〕『第三の眼〜デジタル時代の想像力』ほか〔講談社〕出版書目全般にわたる仕入受注の応相談〔幸福の科学出版〕『太陽の法』ほか〔光文社〕新週刊誌拡材セット〔語研〕『はじめてのTOEIC○Rテスト』ほかお楽しみ抽選会〔コスモス〕『10週間であなたは若返る』ほかノベルティ進呈〔三修社〕『アクセス独和辞典』ほか特別報奨三百円〔集英社〕展示商品全品注文承り〔小学館〕コミックから文庫、児童書、単行本まで売行良好書を厳選して出品。

条件面は検討中。

〔世界文化社〕『ノッポさんの絵本』全12巻ほか〔ゼンリン〕『ミウラ折り関東圏広域東京横浜地下鉄鉄道路線図』ほか会場にて特典応相談〔大修館書店〕『大漢和辞典』全15巻ほかスリップ報奨10%〔第二出版販売〕サン・ジョルディ実行委員会と共同で読者謝恩バーゲンブックフェアを一万五千冊規模で開催。

〔中央公論新社〕ブースで相談承り。

〔中録サービス〕『DVDオジさん族のゴルフ元気塾1章』ほかスリップ報奨10%〔ディスカヴァー・トゥエンティワン〕『恋のオキテ』ほか〔東京学参〕『「古賀稔彦」世界を獲った男、その生き方』ほかスリップ報奨10%〔東京書籍〕全点(取引条件は会場内で応相談)〔徳間書店〕『「赤毛のアン」や「ハイジ」のいた風景』ほか〔二玄社〕『新書道字典』ほか〔日本実業出版社〕展示品30点〔日本出版貿易〕『BUILDINGBAMBOOFENCES』ほか〔日本貿易振興会〕『上海に暮らす』ほかスリップ報奨10%〔日本貿易振興会アジア経済研究所〕『地域研究シリーズ』全13巻ほか特別報奨セットで20%〔日本放送出版協会〕『時宗巻の壱〜参』ほか〔ニュー・エラ・パブリケーションズ・ジャパン〕『オル・ドック・メトセラ』ほか10冊で粗品進呈〔白泉社〕『陰陽師伝奇大全』ほか〔パラダイム〕『Kanon1雪の少女』ほか〔フェニックスアソシエーツ〕『成功するプレゼンテーション』ほか20%オフ〔扶桑社〕『あるある健康チェック』ほか〔文芸社〕『嗜癖・愛したいでも愛されたい』ほか〔ボイジャー〕『ヒロシマ・ナガサキのまえに』ほか〔道出版〕『ブツ』ほかスリップ報奨百円〔ミナトレナトス〕『CATOON』ほか

自然科学書フェア

〔朝倉書店〕展示品全品注文承り〔家の光協会〕『家庭菜園大百科』ほか〔農山漁村文化協会〕『人づくり風土記』全50巻ほか10万円以上で10%報奨〔ミクス〕『医療・病院管理用語事典』(改訂版)ほかボールペン進呈

人文・社会科学書フェア

〔青森大学出版局〕『TheBirthofTsugaruShamisenMusic』ほか5冊でテレカ進呈〔I・H・M〕(出版社連合和の会ブース)『水からの伝言』ほか20冊で結晶ポストカード進呈〔アジア生産性機構〕『The5S´s』ほか〔飛鳥新社〕(連合ブース)『アネモネ』ほか〔ヴオィス〕(連合ブース)『「場所の移動」による開運』ほか〔国語・国文学出版会〕和泉書院、岩波書店、おうふう、學燈社、笠間書院、風間書房、教育出版、思文閣出版、至文堂、大修館書店、東京大学出版会、東京堂出版、塙書房、三弥井書店、明治書院、右文書院、吉川弘文館展示品全品注文承り。

条件面応相談。

〔国書刊行会〕『古画総覧』(全5期各6巻)ほか〔サンパウロ〕『マリアと祈りながらイエスの徳に学ぶ』ほか〔ジャパンインターナショナル総合研究所〕展示品全品注文承り。

〔出帆新社〕(連合ブース)『神智学大要』第2巻ほかスリップ1枚30円〔女子パウロ会〕(聖パウロ女子修道会)『マザー・テレサ日々のことば』ほか〔新読書社〕『レーニンの生活と人間像』ほか10冊で1冊進呈〔新日本出版社〕『宮本百合子全集』全33巻ほか〔人類文化社〕『浮世絵春画−千年史』ほか前向きに検討中〔聖母の騎士社〕『パリ外国宣教会年次報告1』ほか〔タスク・システムプロモーション〕『タスクIT新書シリーズ』ほかスリップ報奨〔TAC〕『01ラストスパート宅建直前予想問題集』ほか〔たま出版〕(連合ブース)『新世紀の代替医療』ほか〔CAP中央アート出版社〕(連合ブース)『古代の洞窟』ほかスリップ1枚50円〔東洋経済新報社〕『週刊東洋経済』ほか〔白水社〕『ユルスナール・セレクション』全5冊5冊でバッグ進呈〔晩聲社〕『映像実録−事件でつづる勧告現代史』ほか報奨10%〔藤原書店〕季刊『環』ほかお話合いで〔みすず書房〕『夜と霧』10冊パックほか1冊献本〔未来社〕『出版のためのテキスト実践技法』ほか10冊で1冊献本〔黙出版〕『ヴエルサイユ宮殿』ほか10%以上応相談〔山川出版社〕『日本史リブレット』全68巻ほか〔雄松堂出版〕『新異国叢書』第一集全15巻ほかTIBF特別報奨7%〔吉川弘文館〕『国史大辞典』全17巻ほかスリップ報奨10%〔歴史書懇話会〕歴史書フェア実施のご提案

児童書フェア

〔アメジスト・アート出版〕『おはなしおはなし』ほか■■セットで千円〔うさぎ出版〕『復刻版シンデレラ』ほかTIBF特別報奨〔奥野かるた店〕『花札セット』14ケ入TIBF特別価格〔偕成社〕『いただきますあそび』ほか〔児童書共同ブース〕岩崎書店、金の星社、くもん出版、佼成出版社、国土社、小峰書店、さ・え・ら書房、鈴木出版、大日本図書、童心社、西村書店、ひかりのくに、評論社、福音館書店、文研出版、星の環会、ほるぷ出版、理論社売行き良好書、新刊セット、夏休みセットなど展示会企画商品の注文承り〔志茂田景樹事務所〕『コピッカの王子さま』ほかスリップ報奨10%〔鈴木出版〕5月から夏にかけて適した商品多数ご案内〔フレーベル館〕アンパンマンビッグフェアセット内容応相談〔文研出版〕『もういちど考えよう!わたしたちの食生活』全5巻ほか〔星の環会〕『アジア心の民話』全6巻ほか〔三起商行〕『ドードーとせいちゃん』■ほか■■セット各5冊でポストカード進呈

デジタルパブリッシングフェア

〔ワークスコーポレーション〕『カラー図解DTP&印刷スーパーしくみ事典2001』ほかTIBF特別報奨
学習書・教育ソフトフェア

〔コア北海道カンパニー〕『PaletteStudioforOracle』ほか10%引〔日本漢字能力検定協会〕『漢検四字熟語辞典』ほか〔日本経済新聞社〕『イタリア絵画』ほかTIBF特別報奨〔NOVA〕『NOVARK』バックナンバー1~5ほか〔バベル・プレス〕『夢を見る作家たち』ほかTIBF特別報奨〔文英堂〕『小学算数解き方事典CD-ROM4年用』ほかスリップ報奨5%〔メディアファイブ〕『media5社会保険労務士試験』ほかスリップ報奨10%716行

筆者紹介

岩根秀樹滋賀県木之本町、ますや書店店長。

「楽樂ほんやさん」ソフトの開発者。

ますや書店のHPは『しゅっぱんフォーラム』2001年3月号に紹介。

<http://www.masuya-shoten.com/>

本屋さんのパソコン活用パート2(6)

ホームページ(以下、HP)を創るって、そんなに難しいことではありません。

ワープロソフトを使える方なら、チョット勉強するだけで作れるようになります。

業者に頼めば数十万円はかかりますから、自分で作られたらどうでしょう。

☆創りたいHPをイメージするHPを創るとき、まずどのような内容にするかが大事です。

どのようなことを伝えたいのかを決めることです。

書店のHPの内容を大きく分類すると、お店の看板(広告)、新刊案内や催し物案内などの情報提供、注文受付窓口、お客さんとお店のコミニュケーションの場、という柱にわかれます。

まず他の書店のHPを見てみることです。

それでどのような内容にするのか構想していきます。

Yahooなどの検索エンジンで「書店」や「本屋」で検索し、その中から新刊書店を選んで見ていきます。

HPを何度も見て頂くためには常に内容を変えていくことも大切です。

その意味でも、始めは欲張らずにシンプルな構成を目指したほうが良いと思います。

☆HP作成に必要なものHPはどのように出来ているのでしょうか。

インターネットエクスプローラなどのプラウザソフトでHPを開き、画面を右クリックして、その中の「ソースの表示」を選んで見てください。

<HTML>などの記号が表示されるでしょう。

HTMLタグといってHPを表示するための言語です。

特別なソフトを使わなくても、Windowsのアクセサリーについているメモ帳だけでも、HTMLタグを使って作ることもできます。

「HTMLタグ辞典」のような本を参考にすれば作ることも出来ますが、覚えることもたくさんあって難しいです。

簡単に作るにはHP作成ソフトを使われることをお勧めします。

一番使われているのがIBMの「ホームページビルダーV6」です。

これならプロバイダにアップロードするためのFTP機能もついていますし他の機能も充実していて、初心者の方にはお勧めです。

パソコンショップに行けば売っていますが、取次によっては取り扱っているところもあります。

HPにはお店の写真も入れたいものです。

写真だけならデジタルカメラでできます。

HPに入れる写真は画素数も少なくて良いので、安いもので十分です。

イメージスキャナーを使えば写真だけでなく印刷物も取り込むことができます。

☆プロバイダと独自ドメインHPを公開するには、インターネット上のサーバーに公開したいファイルをアップロードしなくてはなりません。

通常はアクセスしているプロパイダから数メガバイトのスペースを提供されます。

プロパイダによっては商業使用を制限している場合もあります。

通常は5メガバイトあれば十分でしょう。

また、後で述べるアクセスカウンターや掲示板を使う場合は、CGIが使用できるプロパイダが必要です。

ドメインとは、インターネット上での住所を表すものです。

通常はプロパイダ名の後にアカウントがついて長いアドレスになります(たとえばwww.biwa.ne.jp/~masuya)。

独自ドメインといって自社の名前を最初にもってくることもできます(www.masuya-shoten.com/)。

お店のHPをPRするためには、わかりやすいアドレスの方が宣伝しやすく、最近では費用も年間一万円以下で使えるところも出てきています。

本格的におこなうのであれば、レンタルサーバーを使用する方法もあります。

アクセスカウンターや掲示板を簡単に設置できますし、容量も料金にあわせて拡大できるところもあります。

独自ドメインとあわせて、専門業者に申し込めば設置できます。

☆HPの作成HP作成ソフトを使えば、ワープロソフトを使うような感覚で作成することができます。

写真の画像を編集するソフトと、ページやアイコンの素材もついているので、これだけでHPが作成できます。

最初にHPの表紙にあたるトップページから作成します。

通常トップページにはいくつもの部屋(サブページ)に行き来できるリンクをつけて目次とします。

HPを作成する上で気をつけることは、それぞれのサブページを階層構造としてフォルダを分けることです。

そうしないとどのファイルがどのページのものなのかわかりにくくなります。

また決まりとして、ファイル名やフォルダ名は半角小文字です。

漢字やカタカナを使用するとトラブルの原因となります。

☆HPを公開するには作成したHPはプロパイダのサーバー上の指定されたフォルダにアップロードすることで公開することができます。

どこにアップするかは、プロパイダから入手します。

ホームページビルダーにはアップロードする機能がついていますので不要ですが、その他の場合はFTPソフトが必要です。

FTPソフトは無償で入手できるフリーのソフトがたくさんあり、インターネットからダウンロードできます。

使い勝手がよく人気のあるものとしてFFFTP(http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/)があります。

☆インターネットで注文を受けるには日書連のHP(http://www.shoten.co.jp/)では本の検索と注文ができます。

touroku@shoten.co.jpまで、自店のメールアドレスを申し込んでおき、作成したHPからリンクしておきます。

お客さんがアクセスし、本を選択した後に自店を選んでいただければ、メールで注文された書名とお客さんの住所氏名などが送られてきます。

そこから先の受注確認メールや発注を忘れずにしないといけません。

☆よく見られるHPにするにはHPをよく見てもらうためには、こまめに内容を更新することです。

お店の様子や毎日のコメントも親しみを持っていただける工夫です。

リピーターを増やす工夫をすることで、HPも繁栄し、実際のお店の繁盛につながります。

どれくらい見て頂いているかを調べる方法として、アクセスカウンターがあります。

プロパイダによっては既成のカウンターが用意されているところもあります。

お客さんとのコミュニケーションの手段として、掲示板があります。

本格的に行うにはCGIが使えるサーバーが必要です。

検索サイトについては、当連載第4号(2/14号)に記載されています。

最近は登録型の検索サイトだけでなく、ロボット検索サイト(gooなど)もよく利用されます。

これは自動的に登録されるものですが、それには工夫があります。

HTMLタグの<METANAME="keyword">です。

この中に検索して欲しい単語を入れておくと、その言葉で検索されます。

HPは、お店のファンを増やすための道具です。

親しみやすい内容と得意な分野の情報を増やし、こまめな更新を心がければ、IT時代の強力なPR手段となります。

(岩根秀樹)[参考文献]「HP作成おたすけBOOK」日本実業出版社、「ドメイン取得とレンタルサーバー徹底活用術」エーアイ出版

オンデマンド出版3作品を発売

オンデマンド出版サービスを提供する「ブッキング」とインターネットでのレビュー・データベース構築を行う「レビュージャパン」は、インターネット時代における出版文化の活性化を目的に新しいオンデマンド出版事業「rjdirectpublishing」(rjdp)の第一弾三作品をこのたび発売することになった。

今回発売するのは、レビュージャパンのウェブサイトに集積された投稿レビューを再編集し書籍化する「rjanthology」シリーズから『ひじる?佐藤哲朗書評集』(佐藤哲朗著、本体二千円)、ネット上に書き綴られた日常の記述を本にする「web日記」シリーズから『白日日記』(橘川幸夫著、本体千四百円)、オンデマンドの特性を活かした絵本「オンデマンド絵本」シリーズから『ぐるぐるくん』(イトヒロ著、本体千二百円)。

rjdpのアドレスは


再販が取り除かれれば、豊饒の地から不毛の砂漠が出現する。

老子が悟りを開く前に中空に二本のロープでつるされた壷が有り、空の時には斜めになっているが、ちょうど良く水を入れた時には、中空で安定するという。

しかし、水を入れすぎた時には、すべてこぼれてしまうという。

自由競争の果ては、強者の一人勝ちに終わる。

この世は、神が調和を実現するために作られた世界である。

もし、公正取引委員会が再販を取り除けば、神はその裁きの時に、公取委の全職員及びその推進者全員に、彼らが我々にしたのと同じように不毛の砂漠を与えられる。

なお、ポイントカード導入も再販崩壊に当る。


不況が長く続いている。

あるコンビニの経営者は、経営が楽ではないと言う。

コンビニの本部だけがもうかるシステムになっているらしい。

別のコンビニの経営者は、売れ残った弁当はすべて捨ててしまう。

二十四時間営業は体力的にきついとこぼす。

こんな時期は、高度経済成長期やバブル経済期と同じことをやっていては駄目だと思う。

私の書店の方針は次の通りだ。

むやみにお客に本を勧めないお客の買物の予算には限度がある。

だから、積極的に売っても翌月には購入額を減らされてしまう。

勧めない方がよい。

長期的ビジョンを持つ本の良さをPRして、固定客、長期間買っていただける得意先を増やす。

配達に力を入れる幼児のいる家庭や高齢者の家庭は、外出しにくいことが多い。

そんな所へ積極的に配達する。

美容院、理髪店、食堂、医院、喫茶店も同じだ。

高価な本よりも安い本を多くの人に買っていただく不況で高い本は苦戦している。

だから、安くて情報が良質な本、雑誌の販売に力を入れている。

銀行の営業マンに聞けば、中小企業の経営者は過去のたくわえを取り崩して、昨年末のボーナスを支払ったという。

楽でないのは、どんな業種も同じようだ。


この一月末から自店のホームページをオープンしました。

痛感したのは「情報発信」というのがいかに手軽に、安上がりにできるものなのか、ということ。

この道の「先達」、鳥取・定有堂書店さんのお力添えで、業者等に依頼することもなく、サイトはすべて自作で賄えたので、かかった費用は〇円であります。

サイトを開設するにあたって心掛けたのは、「商売っ気を出さない」ということ。

「毎日更新」を謳ってもいるので、作り手自身も「遊び」でなければ続けられるものではありません。

実際、これが「仕事」だと思うと、憂鬱この上ないことになりますから。

「ウェブ・マガジン」を目指したかったので、知り合いに片っ端から声をかけ、執筆者としてコンテンツの中にそれぞれのテーマでコラムを書いてもらうよう依頼し、また掲示板に書き込みをしてくれた方にも同様の依頼をし、現在も徐々にコンテンツを増やしております。

「本の紹介」コーナーも作りましたが、こちらには原則としてベストセラーは載せず、大書店でも本の海に埋もれてしまってあまり人目につかないような本を中心に紹介するようにしております。

毎日、一時間ほどをホームページの更新にあて、そのときに誰かの原稿が来ておればそれをコンテンツにアップし、それがなくとも最低、トップページでの自分のコラム(ほとんどが「ダボラ話」なのですが……)だけは毎日書き換えるようにしております。

開設からまもなく「毎日新聞」の地方欄に取り上げられたこともあり、「カウンター」は設置しなかったので正確なアクセス数というのは把握できませんが、「掲示板」の書き込みは開設から二週間で千五百件を突破し、二月二十日現在、三千件に迫っております。

海外からほぼ毎日アクセスしてくださる方も若干おられるようで、先日、その中の一人から「欲しい本をリストアップするので、航空便で送って欲しい」との依頼がありました。

日書連の「本屋さんへ行こう」へのリンクもつけておりますが、最近では当店のHPから「本屋さん~」へ飛び、そこで検索した本を再び当店サイトに戻ってメールで注文してくれるお客さんも増えてまいりました。

当店のサイトは私一人ではなく、ここにやって来る人達とわいわいがやがややりながら皆で作っていこうと思っておりますが、今のところは毎日これが楽しみでなりません。


21世紀ビジョンが発表され、その中で責任販売制の導入が取り上げられている。

これは書店経営の根幹に関わることであるので、あらゆる角度から検討を加え、熟慮の上結論を出していただきたい。

たとえば、今までは書店が廃業する際、在庫の商品を取次に返品することができた。

この返品の金額は相当な額であり、廃業後のステップに大いに役立てることができた。

しかし責任販売制が実施されれば、廃業時にどれだけ返品が可能なのであろうか。

まさか返品が不可能になって、自ら古書店に出向いて引き取ってもらわなければならなくなるのか。

現在は書店の在庫商品は返品が可能なので、取次はこれを担保と考えて、書店が月末の支払いが若干不十分であっても猶予してくれたり、開業時大幅な延払いをしてくれたりした。

しかし責任販売制が導入されれば、書店の在庫商品は返品不可能となって、取次も担保と考えにくくなってくるのではないか。

したがって取次は延滞した買掛金に対する請求が今までより数段きつくなり、このため破綻に追い込まれるケースが発生するのではないか。

日書連は21世紀ビジョンの中で責任販売制の導入を取り上げた以上、前記のようなことに対する対策も十分考えて発表されたことと思うが、いずれにせよあらゆる角度から十分検討され、組合員が安心して同意できるようにしていただきたい。

読み聞かせらいぶらりい

おおくまくんとちいくまくんは、そろってたんけんにでかけた。

ちいくまくんは、おおきな岩や木にのぼったり…。

ちいさな川をわたろうとして、ぱっちゃーん!でもだいじょうぶ。

おおくまくんが、そばにいていつも、たすけてくれるから。

シリーズ3作目。

かようびはシャンプー

イタマルは、かようびが大きらいだ。

それはシャンプーの日だから。

いつも、ないてしまう。

おねえちゃんが、丸坊主にすれば、シャンプーしなくていいと、とこやにつれて行ってくれた。

だけど坊主なんていやだ!どうすればいいの。

ぼくのちいさなせんちょうさん

ある日ボーイは、市場で古い帆船を見つけた。

色をぬって帆をつけると、新品のようになった。

おじいちゃんが木で作ってくれた、小さな船長さんをのせて、川に浮かべると船は走り出し、そのまま海へ出て行った。

どこへいったの?ぼくの小さな船長さん。
pagetop▲
書籍、雑誌、コミック、電子出版… 情報満載小学館公式サイト
書籍、雑誌、コミック、電子出版… 情報満載小学館公式サイト


集英社の雑誌、書籍、コミックス情報満載!!SHUEISHA WEB INFORMATION


プレゼント・クーポンなどお得な情報使えるエンターテインメント情報