キャンペーン
世界本の日 サン・ジョルディの日
書店専用ページ
インフォメーション
リンク
全国書店新聞アーカイブ
全国書店新聞
令和2年6月15日号
東京組合総代会/「増売」重点に組合活動推進/コロナ後の書店業界、情報通信技術の活用カギに

東京都書店商業組合は5月20日、東京・千代田区のホテルメトロポリタンエドモントで第44回通常総代会を開催。今回は新型コロナウイルス感染防止の観点から縮小開催としたため、総代の出席は本人1名、書面34名、計35名だった。矢幡秀治理事長(真光書店)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、営業を続けた組合加盟書店の売上動向はおおむね好調だったが、配達の休止などで厳しい状況に陥った店舗もあったと報告。コロナ後についてはネット販売が増え書店は厳しくなるとの見通しを示し、今後の組合活動は「増売」と「ICT(情報通信技術)の活用」を重点課題に進めると方針を示した。
総代会は渡部満副理事長(教文館)の開会の辞で始まり、矢幡理事長があいさつ。日書連が「書店における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン」を5月14日にホームページで公表したと報告し、活用を呼びかけた。
緊急事態宣言発出後の組合加盟書店の売上動向については、役員が経営する書店の多くは営業を続け、売上も好調だったと報告。「最初に心配したのは書店が休業要請の対象に入るかどうか。対象外となって安心した。とはいえ、デベロッパーの要請や売上げが見込めないため休業せざるを得なかった店、開けても売上が伸びなかった店、病院や美容院から配達を断られた店もある。空けていても厳しい状況があった」と述べた。
また、営業を続けた店では、売上が2倍になった店もあり、小中高校の休校の影響で児童書や学参書の売上が好調だったとして、「ありがたい半面、3密を防ぐための消毒液やマスクが手に入らず、従業員は怖い思いをしながら仕事をしていた。しかし、休業対象外になったため、書店の頑張りに対する補償がない」と指摘した。
書店が好調だった要因として、インターネット書店が生活必需品を優先し、本が入手しづらい状況が生まれたため、店頭に足を運ぶ人が増えたことを挙げ、「書店は必要なものだとつくづく感じた」と述べた。
一方、コロナ後については、「間違いなくネット販売が増え、書店は厳しくなる。災害の時は本が売れるが、長続きせず苦しい状況に陥るだろう」と厳しい見通しを示した。
キャッシュレス決済の動向については、「緊急事態宣言発出後、キャッシュレス化がさらに進んだ。今は手数料が無料だからいいが、国のキャッシュレス・消費者還元事業が終わる6月末以降は、手数料を支払わなければならない。我々に有意なことが消えていかないよう、しっかりと発信していきたい」と語った。
最後に組合の重点課題を説明し、「第一に増売にしっかりと取り組む。昨年リニューアルしたホームページを、客が見て、本を探し、店に誘因できるものに発展させたい」と述べた。また、「今は電話とファックスを使うことが多いが、今後はメールやICTの活用を確立していかないと、時代に乗り遅れ、我々が思うことを進められない」と指摘。「店頭はアナログの良さを活かし、バックヤードはデジタルへ」と方向性を示し、改革の取り組みを組合がフォローして進めていきたいと考えを話した。
議長に本間守世氏(本間書店)を選任して議案審議を行い、平成31年度事業報告、財産目録・貸借対照表及び損益計算書、令和2年度事業計画、収支予算などすべての議案を原案通り承認可決した。
事業報告では、読者謝恩図書カードの発行・販売、「書店のキャッシュレス決済対応について」研修会の開催、ホームページのリニューアル、新年懇親会の復活開催などを説明した。
事業計画については、増売運動の積極的な展開、ホームページによる情報発信の迅速化、支部及びエリアの組織改革の推進などに取り組む方針を決めた。
平井久朗副理事長(ビーブックス)の閉会の辞で総会を終了した。

一律5万円の支援金支給へ/対象は組合加盟3000店/全国書店再生支援財団

全国書店再生支援財団(奥村弘志理事長)は5月28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響でピーク時に全国の書店約1300店が休業したことなどを憂慮し、日書連(矢幡秀治会長)と相談の上、特別定額給付金というべき支援金を1書店あたり5万円支給することを決めた。
支給の対象となるのは、全国の組合加盟書店約3000店。6月より手続きを開始する。日書連所属の45都道府県組合の了解を得た上で、約3000店の加盟書店に通知を発出し、加盟書店は入金口座等の情報を返信することでエントリーを行う仕組み。
事務手続きは日書連の全面的な協力を仰ぎ、送金事務は文化産業信用組合の支援を受け、送金準備の整った書店より随時支援金を支給していく。
書店は社会生活を維持するうえで必要として休業対象に含まれなかったため、特別な補償がない。一部書店で見られた「巣ごもり特需」での売上急増も一段落し、今も続くコロナ禍で将来も経営が存続できるかどうか、全国の書店の多くが不安な日々を送っている。同財団は書店に元気を与えたいと、今回の支援金の支給を決めたとしている。

組合加盟店にマスク100枚配布/出版社有志、取次の支援で実現

出版社有志と取次各社は新型コロナウイルス感染症の予防対策の一環として、1書店あたりマスク100枚(50枚×2箱)を配布する。対象となるのは日書連所属組合の加盟書店約3000店。取次経由で6月17日(首都圏基準)に届ける。
日書連は新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた中、書店の窮状について、物質的な支援や支払い猶予などを関係方面に呼びかけてきた。4月20日には要望書「緊急事態宣言を受けてのお願い」を日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本出版取次協会に提出している。
今回は、この呼びかけに応えた出版社有志と取次各社の支援で、組合加盟書店へのマスク配布が実現した。

万引防止研修用DVD/書店組合限定で割引販売/万防機構

全国万引犯罪防止機構(竹花豊理事長)は、万引防止研修用DVD「サービスで選ばれるお店を目指して―基本の徹底と明るい挨拶で不明ロスをなくそう―」(写真)を書店組合で7月末までに申し込んだ場合、1枚目のDVDを期間限定の割引価格で販売する企画を実施することを決定。これを受け、日書連指導教育委員会(鈴木喜重委員長)は5月29日、各書店商業組合に対し、組合加盟書店に案内の上、一括発注を検討するよう要請する案内状を送付した。
締切の7月末までに申し込むと、各都道府県組合の最初の1枚目は通常3万円(税抜)のところ2万5000円(税抜)で購入できる。さらに、『ロスプリベンションで未然に防ぐ小売業のロス対策入門』(中央経済社刊)が1冊同梱される。送料無料。送品先は各都道府県組合本部。
2枚目以降については、組合加盟書店から受注し、1枚目の発注と同時に組合加盟書店分と合わせて発注する。価格は3000円(税抜)。書籍は同梱されない。送品先は1枚目と合わせて各都道府県組合本部。
この企画は一括発注以外、また個別店への発送は行わない。
なお、DVD収録の動画を6月1日より1ヵ月間の期間限定で、YouTubeで無料公開している。
申し込み・問い合わせは同機構内・万引防止出版対策本部の阿部信行事務局長まで。℡03(5280)6044電子メールinfo7@manboukikou.jp


書面議決ですべての議案を承認/出版物小売業公正取引協議会通常総会

出版物小売業公正取引協議会(矢幡秀治会長)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月28日に開催を予定していた通常総会を書面議決で実施。令和元年度事業報告、収支決算報告、令和2年度事業計画案、収支予算案を原案通り承認した。
事業計画では、①出版物小売業公正競争規約の普及と違反防止、②景品表示法をはじめとする関係法令の研究、③一般消費者、消費者団体並びに出版業界団体との連携、④関係官庁との連絡、⑤広報活動――の方針を決定した。
今回は、消費者庁表示対策課の西川康一課長から書面であいさつが寄せられた。この中で西川課長は、景品表示法の運用について、令和元年度は消費者庁は40件の措置命令、都道府県は15件の措置命令を行ったと報告。「消費者庁は引き続き景品表示法に違反する行為には厳正な対処を行っていく一方、公正競争規約の運用を通じて表示の適正化に真剣に取り組んでいる事業者とともに、安全・安心で豊かに暮らすことができる社会となるよう取り組みを進めていきたい」とした。

大阪府、図書カードを配布/書店組合に協力要請/保育施設利用する子どもたちの学習支援

大阪府はこのほど保育所、認定こども園など保育施設を利用している3歳児以上の未就学者を対象に、図書カード2000円分を配布する事業を実施することを決定。府福祉部子ども室子育て支援課は6月1日、大阪府書店商業組合(面屋龍延理事長)に各組合加盟書店で積極的な対応を行うよう要請した。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため通常の教育・保育活動に制限が生じている保育所などを利用する子どもたちが学びの機会を確保するため、教材・絵本等の購入に対する支援として実施するもの。
府では4月、教育庁が幼稚園と小中高校の児童生徒約100万人を対象に図書カード2000円分を配布する事業を実施しているが、今回は未就学者約12万3000人に図書カード2000円分を配布する。事業規模は約2憶4600万円。対象となる各施設に図書カードが到着するのは6月8日以降で、その後、利用者の手元に届く予定。
前回の教育庁配布の図書カードと同じ仕様。図書カードNEXT対応の読み取り機でQRコードを読み取ることができる。今回も書店への入帳は100%。

日書連5月理事会/書面議決で「みなし」開催/新型コロナウイルス感染拡大防止のため

日書連は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月定例理事会を書面議決による「みなし理事会」として開催した。定款第53条4項「すべて書面により理事会を成立するためには、理事全員が提案議案について同意の意思表示をした場合にのみ決議があったものとみなされます」に基づき、全理事が5月25日までに書面議決書を提出した。
主な審議事項・報告事項は以下の通り。
[政策委員会]
第20回「家の光読書エッセイ」への日書連後援名義使用を承認した。家の光協会主催。思い出に残る本との出合いや、子どもに本を読んであげた体験など、読書に関連した意見や感想をもとにした読書エッセイを募集する。募集期間は7月1日~11月13日。
[組織委員会]
委員会規約、電磁的記録等に関する規約について、通常総会へ上程することを承認した。
4月1日現在の日書連所属員数は前年比126店減(4・0%減)の2986店になった。
各都道府県組合の月次加入・脱退状況は、2月が加入なし・脱退13店で13店純減、3月が加入なし・脱退6店で6店純減、4月が加入4店・脱退30店で26店純減。日書連推定所属員数は2960店になった。
[指導教育委員会]
3月17日に矢幡秀治会長、面屋龍延座長が主婦と生活社、学研プラスを訪問し、書店経営環境改善について意見交換した。
[広報委員会]
全国広報委員会議は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、6月理事会で開催日程を決定する。[流通改善委員会]
日書連MARCに英語図書のデータを取り入れるため、㈱三善より書誌データ(3万4800円+税)を購入することを承認した。
[取引改善委員会]
2020年度のトーハン、出版共同流通の返品入帳締切日情報を一つのカレンダーに整理し、各店の入帳状況を確認する際の資料として作成した。
[読書推進委員会]
第47回「読書週間書店くじ」(実施期間=10月27日~11月9日)の実施要項を承認した。

「春夏秋冬本屋です」/「ビブリオバトル」/静岡・島田書店花みずき店店長・佐塚慎己

一昨年から、書店組合の代表として県の読書推進委員会に参加しています。その縁もありまして静岡県高等学校ビブリオバトルを2回ほど観覧させていただきました。
皆さんビブリオバトルはご存じとは思いますが、簡単に説明しますと、参戦者は他の人に読んでもらいたい自分が選んだ本の紹介を5分以内で行い、その後2分間、会場からの質問を受けます。その本の紹介ややり取りから、会場にいる人たちがどの本が一番読みたいと思ったのかを投票し、「チャンプ本」を決めるというものです。
ここで重要なのは、会場の人たちに自分の選んだ本を投票してもらうということ。そのため、多くの人に共感してもらえる本を選ぶことや、冒頭からインパクトのあるワードを喋ることで興味を引かせ続けるディベートの技術など、お気に入りの1冊をただ推すだけではない競技性を感じました。
そして自分の選んだ本を読んでほしいという熱も参加者全員から感じました。また、その本との出会いの場所が、地元の書店で平積みだった、POPが印象的だったと聞くと、書店員としてうれしくなります。そして、高校生が自分のお薦め本を訴える、そんな姿に「読書離れ、活字離れといわれている高校生も捨てたもんじゃないぞ」と感心しました。
お気に入りの本を互いに薦める、コミュニケーションとしての存在、そんな本との出会い、人との出会いの場に書店ももっと関わりたいと思いました。

創業以来初の経常赤字決算/単体の当期純損失55億9200万円/トーハン

トーハンは5月29日、第73期(2019年4月1日~20年3月31日)決算概況を発表。単体売上高は前年比3・5%減の3834億8900万円と減収ながら計画をほぼ達成し、効率販売に一定の成果をあげた。しかし運賃が想定以上に上昇して取次事業を圧迫し、創業以来初の経常赤字を計上。繰延税金資産の取り崩しが発生したため、単体の当期純損失は55億9200万円となった。
記者会見で小野晴輝専務は「物流費用の高騰と新本社建築費用の発生により年度当初から厳しい決算を見込んでいたが、第4四半期に新型コロナウイルス感染拡大の影響で出版社の刊行計画変更や書店休業が発生、3月に予定していた大型の取引開始が次期にずれ込んだこともあり、さらに厳しい決算となった」と説明したうえで、「繰延税金資産の取り崩しはキャッシュフローには影響せず、経営の実質面では堅調を維持している。しかし大きな赤字であり、役員一同は重大な事態と受け止めている。この状況を打開するためにも効率販売、マーケットイン流通の実現に取り組んでいくが、業界全体でコストバランスの見直しが必要と考えている」と述べた。
トーハンの単体売上高3834億8900万円の内訳は、書籍が同1・7%減の1670億100万円、雑誌が同5・6%減の1257億4500万円、コミックが同7・7%増の473億4400万円、MM(マルチメディア)商品が同13・9%減の433億9700万円。
売上総利益は同4・1%減の444億8400万円、営業利益は同53・8%減の19億7600万円、経常損失は4億7200万円(前年は21億3900万円の利益)、当期純損失は55億9200万円(前年は6億5200万円の利益)。
事業別に経常損益概況をみると、取次事業が19億9200万円の赤字。このうち7億円は本社再構築・物流再配置に伴う新規費用によるもので、それを差し引いても約13億円の赤字となった。この他、不動産事業が13億5200万円の利益、新規事業が1億1200万円の赤字、株式配当金が2億7700万円の利益。
返品率は、前年比1・1ポイント減の39・6%となった。内訳は、書籍が同1・9ポイント減の38・9%、雑誌が同0・3ポイント減の48・2%、コミックが同3・4ポイント減の26・7%、MM商品が同1・8ポイント増の19・6%。
連結決算は、連結子会社を16社から28社に、持分法適用関連会社を5社から12社に拡大。売上高は4082億4900万円、前年比2・1%減となった。営業利益は同66・1%減の13億1900万円、経常損失は14億5700万円(前年は18億1900万円の利益)、親会社株主に帰属する当期純損失は59億8500万円(前年は5億3100万円の利益)。物流系子会社は、業務委託料及び運賃の改定の影響もあり、4社のうち3社で黒字決算。書店系子会社は、売上が伸び悩む中で経費のコントロールに取り組み、連結13社の単純合算では経常黒字を計上した。

「九州選書市」中止に

九州選書市2020実行委員会(安永寛実行委員長=福岡県書店商業組合理事長)は6月1日、9月3日(木)に福岡で開催を予定していた「第9回九州選書市」を中止すると発表した。
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、実行委員会で協議した結果、来場書店、出店出版社、スタッフの安全確保を最優先にすべきと考え、今年度の開催を中止した。

全国出版協会が創立70周年で初の年史を刊行

全国出版協会(浅野純次理事長)は、創立70周年を経た協会の活動を初めて年史としてまとめた『全国出版協会70年史[1949~2019]』を5月25日に発行した。A4判104頁、非売品。
年史は、70年の歴史を3時代に分けて解説する第1章《全国出版協会の歴史》をはじめ、第2章《出版科学研究所》、第3章《出版科学研究所のデータからみる出版業界》、第4章《「高橋松之助記念顕彰事業」と「朝の読書全国縦断交流会」》、第5章《資料編》の全5章で構成。全国出版協会では、希望者に抽選で50名に同年史を贈呈する。氏名・連絡先(住所・電話番号)と希望理由を明記して、下記事務局までメールかFAXで申し込む。
問合わせ・申込み先=全国出版協会事務局担当・原正昭(℡03―5225―9711、FAX03―3266―1855、メールhara@ajpea.or.jp
)

4月期販売額は11・7%減/休業相次ぐもコミックスは好調/出版科研調べ

出版科研調べの4月期の書籍雑誌推定販売金額(本体価格)は前年同月比11・7%減となった。
内訳は、書籍が同21・0%減、雑誌は同0・6%減。雑誌の内訳は月刊誌が同1・8%増、週刊誌が同11・6%減だった。新型コロナウイルス感染拡大防止策として、政府が緊急事態宣言を発令したことで、休業または時短営業する書店が相次いだ。この影響で書籍は送品ボリュームが大きく減少し、販売も激減した。雑誌は、4月期に有力新刊が集中したコミックスが好調だったことと、休業で返品作業を行えなかった書店が続出したことで必然的に返品率が大幅に改善したことにより、微減にとどまった。
書店店頭の売上は、書籍が約15%減。いずれのジャンルも落ち込む中で、学参は約20%増と3ヵ月連続の2桁増となった。
雑誌の売上は、定期誌が約13%減、ムックが約30%減、コミックスが約12%増。コミックスは休業店が多い状況ながらも大きく伸長した。4月は『ONEPIECE』(集英社)、『進撃の巨人』、『五等分の花嫁』(いずれも講談社)など人気作品の新刊発売が集中したことに加え、『鬼滅の刃』(集英社)は既刊全19巻の重版が猛烈な勢いでかかっており、好調を続けている。

「図書カードNEXT」をリニューアル/図書普及

日本図書普及は、図書カードNEXTのデザインをリニューアルし、6月1日に発売を開始した。新デザインは、「西洋絵画シリーズ」、「ピーターラビットシリーズ」、「松尾たいこシリーズ」の3シリーズ。
「松尾たいこシリーズ」(5百円・1千円)は、本の装丁画などで人気の作家・松尾たいこ氏が図書カード用に描き下ろしたイラストを採用。日頃のちょっとしたプレゼントから法人利用まで、あらゆる用途に利用できる汎用性の高いデザインとなっている。
「ピーターラビットシリーズ」(1千円・2千円・3千円・5千円)は、人気のピーターラビットのイラストを、愛らしく気品のあるシンプルなデザインで表現。プチギフトに最適な2千円のカードも新たに登場した。
「西洋絵画シリーズ」(1千円・3千円・5千円・1万円)は、印象派の絵画を中心とする名画を採用し、あらたまった贈り物にも最適。誰もが目にしたことのある美しい作品がギフトシーンを華やかに演出する。

増進堂・受験研究社「全国書店支援プロジェクト」/全出版物を対象に報奨金

増進堂・受験研究社は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言によって休業や時短営業などを余儀なくされ苦境にある書店を支援するため、6月1日から「全国書店支援プロジェクト」をスタート。創刊60年・2600万部のロングセラーとなっている小中学生向け参考書『自由自在』をはじめとする同社全出版物を対象に、特別報奨を提供する。
プロジェクトは、6月1日から9月30日までの期間中、学校・塾の採用品を除く同社の全出版物の販売に対し、1冊につき5円を支払う。参考書『自由自在』については、同社が今年11月に創業130周年を迎えることから、報奨額を1冊につき130円とする。参加は7月30日までに申込みフォーム(http://u0u0.net/ZrUU)からエントリーする。対象書店はPOS導入店に限定し、複数店舗がある書店は本部で一括申込みとする。ネット書店や、リアル書店のネット販売分は対象外。
期間中のPOS販売実績から特別報奨額を算出し、11月以降に指定口座に入金する。報奨額が2千円以下の場合は、金額に応じて金券を送付する。
同社の岡本泰治専務はプロジェクトの実施について、「新型コロナウイルスの感染拡大により、我々は誰も経験したことのない非常に厳しい状況に直面してきた。その中で、休業を余儀なくされた書店、読者に本を届け続けるためになんとか店を開けて下さった書店、感染リスクがある中でも店頭に立って下さった多くの書店員の皆様がいた。当社が130年にわたって事業を継続できているのも、書店が支えて下さったお陰。支援策のひとつとして今回の取り組みを実施させていただくことにした」とコメントを発表した。

河出書房新社・書店応援キャンペーン/「大人の塗り絵」全点の報奨企画/実売本体価格の3%を還元

河出書房新社は、新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けている書店の応援企画として、「大人の塗り絵シリーズ」全点について、仕入条件なしの実売報奨付きキャンペーンを開始した。
「大人の塗り絵」は2005年の刊行開始以来、シリーズ累計で730万部、総タイトル数180点を数えるロングセラー。新型コロナウイルスによる厳しい状況下にあっても家の中で楽しめる遊びとして「ヒルナンデス!」等メディアで多数紹介され、昨年対比160%を記録する売行きとなっている。
報奨対象期間は今年4月1日~9月30日までで、売行きが伸長している期間にさかのぼって報奨計算する。例年「敬老の日」は売行きが伸びるため9月一杯を対象期間としている。実売本体価格の3%を報奨として還元する。
申込みは、専用注文書兼申込書に必要事項を記入してFAXで返信する。「大人の塗り絵販売プログラム」参加店は自動エントリーとなる。申込締切は6月30日。報奨支払いは、取次経由で12月末日を予定する。
6月1日から取次経由で書店に企画内容の告知を開始しており、6月上旬に注文書を送付し、6月末日に募集締切で対象店を決定。7月上旬に追加商品が着荷し、8月中旬にプログラム送品・コンテスト開始の告知などを予定している。

雑協理事長に堀内丸惠氏(集英社)

日本雑誌協会は6月1日に開催した第65回定時総会で役員改選を行い、理事長に堀内丸惠氏(集英社)が就任。そのほか、副理事長に山縣裕一郎氏(東洋経済新報社)、監事に青木康晋氏(朝日新聞出版)が新任した。鹿谷史明理事長(ダイヤモンド社)と相賀昌宏副理事長(小学館)は理事に就任した。
▽理事長=堀内丸惠(集英社)
▽副理事長=宮原博昭(学研ホールディングス)山縣裕一郎(東洋経済新報社)
▽専務理事=坂本隆(日本雑誌協会)
▽理事=石﨑孟(マガジンハウス)相賀昌宏(小学館)久保田榮一(扶桑社)佐藤隆信(新潮社)鹿谷史明(ダイヤモンド社)鈴木美奈子(世界文化ホールディングス)武田真士男(光文社)中部嘉人(文藝春秋)野間省伸(講談社)松原眞樹(KADOKAWA)森永公紀(NHK出版)矢﨑謙三(主婦の友社)矢内廣(ぴあ)吉田直人(日経BP)
▽監事=青木康晋(朝日新聞出版)髙納勝寿(主婦と生活社)山川洋一郎(弁護士)
pagetop▲
書籍、雑誌、コミック、電子出版… 情報満載小学館公式サイト
書籍、雑誌、コミック、電子出版… 情報満載小学館公式サイト


集英社の雑誌、書籍、コミックス情報満載!!SHUEISHA WEB INFORMATION


プレゼント・クーポンなどお得な情報使えるエンターテインメント情報